セイマイ(^-^)/

先日、ありがたい事に新鮮な玉ねぎを大量に頂きました。

「今夜はカレーだな」と近くのスーパーへ買い出しに。
(カレーかシチューの二択 ( ̄▽ ̄))

お肉、ジャガイモ、ニンジン、ジャワカレー。

良い買い物が出来たなと家に帰り、ハッと気付きました。

「お米きらしてたぁ(´Д` )」

何かの話で、カレーのゴハンを炊き忘れってのはありましたが、カレーのお米を買い忘れってのをやってしまいました(-。-;

「また買い出しめんどーだな」と思いながらも、野菜たちをおいて出発。

再びスーパーへ向う途中、ある看板が目に入りました。

「お米屋」

今の家に住んで5年はなるというのに、この時初めて気付きました。

ともかく近場で買えるのならと中へ。(お米屋さん初体験ヽ(´o`))

店内を見渡すと沢山の種類の玄米と、精米機が並んでおりました。

そして、その玄米に囲まれお婆ちゃんが1人…Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

私は勝手に「おヨネさん」と呼ぶ事にしました。

お米の良し悪しが分からないので、とりあえず手前にあった「佐賀米」を購入。

おヨネさんの手で、精米機で白米に。

何か物珍しくて写メを撮ってしまいました。

20110626-050110.jpg

帰って小一時間、カレー作りに没頭。



出来上がって、お待ちかねのディナー。

食べてみると、新鮮なお野菜の入ったカレーはもちろん、お米の美味しいこと美味しいこと(*゚▽゚*)


精米から見ているせいか、今までのお米とは異質で、特別で、格別に感じました☆

佐賀米ウマウマ( ̄▽ ̄)

新たなスポットを見つけました。

今年一年かけて、おヨネさんのお米を全種類、食べ比べしようと思います( ´ ▽ ` )ノ

コドモがなりたいもの( ̄^ ̄)ゞ

先日テレビで「人気お仕事ランキング」という番組がありました。

全国の小学生を対象に、男女、時代別に見比べていくというもので、
面白いなと感じたのは子供達も、その時代の移り変わりを受けて将来を見ているという事でした。

例えば男の子の場合、Jリーグやワールドカップで盛り上がった年は、サッカー選手がダントツで人気だったり、政治家の汚職事件があった年は、総理大臣はランク外だったり、

女の子の場合は、昔はスチュワーデス(客室乗務員)が上位にランキングされてたのに、今では人気落ちだったり。

そんな中、今も昔も超人気で、女の子部門でここ三年間ランキング1位だった職業があります。

皆さん何かわかります?

それは…

「食べ物屋さん」でした( ´ ▽ ` )ノ

この中には、パン屋やケーキ屋なんかも全部入っています。

美味しいモノを自分で作って、自分で食べる…。

あぁっ(´Д` ) なんて女の子らしい職業なんざましょ( ̄▽ ̄)


ちなみに私が子供の頃に最初になりたかった職業は、やはり「マンガ家」でした。

小学生の頃、3〜6年生まで教室で描いていたのが、実は今連載させてもらってる「がちょーライター」だったんです f^_^;)

初めて描いた思い入れのあるキャラが、20年以上の時を経て、こうして多くの人様の目にふれるというのは、何とも言葉にできない感慨深いものがあります。

ちなみに今年のランキングでマンガ家は、女の子の10位ギリギリにランクインしてました。

男の子はランク外…(´Д` )


私が思うにシャイなボーイ達は、オタクとかナヨナヨしたイメージで見られるのが恥ずかしくて言えないだけなのでは…?(実は私がそうでした( ̄◇ ̄;))



「少年よ半紙に絵描け!!」

20110621-022244.jpg

似顔絵(ーー;)

う~む・・・

人の顔って難しい(T ^ T)

もともと私は絵の勉強をちゃんとしたわけではなく、落書きの延長のような絵しか描けません。

なので当然、似顔絵は似るわけもなく、たまに描いて本人に見せると落胆や怒りの表情をされます。(それ妖怪じゃね?とか、ひどーいと言って泣かれそうになった事も)

描くのは好きなんですけど、これ以上友達を減らしたくないので、ある時から似顔絵を描くのをやめました。

ところが最近、仏の心を持った方々が現れ、男女合わせて数人の似顔絵の依頼をもらいました。(ありがたや~(T_T)/)

恐いもの見たさなのか、慈悲の心なのか分りませんが、依頼がある以上は封印を解くべきと一念発起いたしました。

とはいえ、昔のトラウマがあるので、本人の前で描くのはまだ恐いです。

なのでお家にて、記憶を頼りに描かせてもらってます。

そしてそれを共通の知人に見てもらい反応を見ます。(だいたい笑われるか、あ~ねぇ~と曖昧な反応をされる(-_-;))

通常似顔絵は、その人の個性的な部分をディフォルメ(誇張)して描くものですが、似る事になってもあまり誇張はできない時もあります。

ここにジレンマがあり、まだヒヨッコの私は「似せようとする心」と「失礼になるんじゃないかという心」の狭間で動けなくなります。

人の顔にある無数の線の、どれを生かして描けばいいのかと、心の中の人物像と実際の人物像のズレ、それが今後の課題のようです。

~依頼をくださった仏の皆様へ~

そういう訳ですので、出来上がりを見て泣き出したり、その場にあるものを破壊したり、テロ行為に走ったりはしないでくださいね。

どうか温かい目で見てやってくださいまし_(_^_)_

ヘタッピマンガ研究所R ( ^ ^ )/□

やっと手に入りました( ^ ^ )/□

「ヘタッピマンガ研究所R」

Rはリターンズ。

16年前にも同じ題名の本が出てたんです。

しかも元祖はあの鳥山明先生が描かれていて、私も昔から読んでました。

元祖は偉大な作品で、作家さんの間ではバイブル的な扱いをされており、今作の仕上がりには皆、期待度大だったのではないでしょうか。

私もその続編が出るという事で心待ちにしていたのですが、福岡では東京発売の3日遅れだった為、今日やっと手に入れました。


朝イチで買ってすぐさま持ち帰り、お茶と茶菓子を脇に置いて、ワクワクしながら読み進めました。

…いがったぁ。

感想は「いがったぁ」でしたww

も少し付け加えると、前作をしのぐ分かりやすさと、面白さ、それと前作にはなかった巨匠達の金言。

これらが見事マッチし、なおかつ、この本自体が構成も含めてスバラシイ作品に仕上がっていました。

今作の作者は、村田雄介先生。

アメフトマンガ「アイシールド21」の作画の人です。

いやぁ〜期待以上の出来栄え、恐れいりました( ´ ▽ ` )ノ


超オススメですよ♪( ´▽`)


20110606-102907.jpg

20110606-102942.jpg

はうぢから( ̄◇ ̄;)

突然ですが、「はうぢから」って聞いた事ありますか?


そうそう、赤ちゃんがハイハイで這うチカラの事。



……ちがーうヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


実は英語の「How」で、「How力」って書きます。


意味はあらゆる物事を解決する際の考える力。



って知った風な口振りですが、私も今日テレビで知った知識です( ̄▽ ̄)



それでどうやったらこの力を磨けるかというと、なんと将棋を指すのがものすごく良いそうです(◎_◎;)!



将棋は戦略や、駆け引き、不利な状況での立ち回りなど、実社会にも応用がきく考え方が養えるんだそうです。


じゃあ、チェスやオセロでもいーじゃんかって思いません?


そしたら、将棋の相手の駒を自分の手駒として利用できるルール、これが世界でも珍しく、これにより他のゲームとはケタ違いに戦術のパターンが増えるとの事。


さらに勝負のあと、駒を並べ直しての検討もあって、記憶力、計算力もつき、


今、日本では小さな子供達の将棋人口が、年々増加してるそうです。


また海外では、勝負の前後の礼や挨拶、「負けました」の自戒の言葉など日本人の精神性も高く評価されていました。


子供でも大人に勝てる可能性がある事や、


100年以上ルールが変わってない事も魅力( ̄^ ̄)ゞ



答えの決まってないものを考えるのは、脳にスゴく良いそうです。



間に受けやすい私は、早速アプリの「実戦将棋」をダウンロードしました。





どうでもいーけどコンピューターめちゃ強っ(;゚Д゚)