GO GO ホークス(^O^)/

我が地元、ソフトバンクホークスの試合を観に福岡ドームへ行ってまいりました(^O^)/

ホークスのリーグ優勝を見据えての取材という事で、スゴく良い席のチケットを頂きました。



20110902-113006.jpg

(↑これね( ̄ー ̄) )

バックネット裏の選手にメチャクチャ近い席で、イスもフワフワ( ̄▽ ̄)

ドーム内で買ったハンバーガーセットをほおばりながらゲームが始まるのを待ちました。

実に10年ぶりの野球観戦♪( ´▽`)

ワクワクしながら待っているとついに選手達が入場!

ドッと歓声が上がり、始球式の後プレイボール( ´ ▽ ` )ノ



20110902-114623.jpg

(↑近っ!すぐそこっ Σ(゚д゚))

サッカーのアビスパ福岡の時も思ったんですが、ホームでの応援の勢いや、一体感ってスゴイものですね!

敵のオリックスの選手が、かわいそうになるほどエネルギッシュな応援でした。


…と思ったのも束の間、いきなり敵チームからホームランが飛び出しました。

(´Д` )ヌアー!


前言撤回!要らぬ事を考えてしまったと反省し、すぐさま気を取り直し応援!!





20110902-113709.jpg

「勝どきあ〜げろぉ!!」

しかしその後、ソフトバンクは1点は返したものの、その後の決定打はなく、結果1ー4で敗れてしまいました。

(;´Д`)チクショー!

白い風船飛ばしたかったぜぃ!

ヒーローインタビュー聞きたかったぜぃ!!

花火見たかったぜぃ!!!

ドームの開閉仰ぎたかったぜぃ!!!!

以上は次回の観戦に繰り越しです (´Д` )

今回は白星を逃しましたが、まだ首位にはかわりないですよね。

一日くらいこんな日もあるさd( ̄  ̄)



その夜、家に帰ってその日の試合をビデオでもう一度チェックしました。

当たり前ですが生とTVは臨場感が全然違いますね。

それと、バックネット裏で口を開けて観戦中の私の姿は…やっぱり映ってませんでした〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノ




〜四コマの担当の方へ〜

チケットありがとうございました!

取材はバッチリしましたよ( ̄^ ̄)ゞ

勝ち試合も観たいです。

チャンスがあれば是非またお願いしま〜す( ´ ▽ ` )ノ(笑)

ここまで来たかぁ(゚o゚;;

先週の「サイエンスZERO」で「人工知能がクイズ王に挑戦」というのをやっていました。

結果から言いますと、なんと人工知能は全米クイズチャンピオンに圧勝しました! Σ(・□・;)

チェスの世界チャンピオンに人工知能が勝利した!というのはもう14年前の話。

チェスという限られた数式で表せるモノとは違って、言語理解が必要なクイズで結果を出せた事は AI (人工知能の事ね) の世界ではスゴイ躍進だそうです。

そのスーパーコンピューターの名は「ワトソン」。


このワトソンは100種類以上のAIでできていて、一秒間に80兆の計算が可能。


解答に必要な言葉はインターネットから拾ってくるそうです。

番組中、クイズ王への挑戦権をかけ、早押し形式で対決するシーンがあったのですが、相手の間違った答えをまた繰り返したり、月を答えないといけないのに休日を答えたり、人間ではまずしないミスを連発しました。

あぁダメか…と思った時、なんとワトソンは自分がしたミスを理解し、相手の解答からも学習し、どとうの追い上げで勝利を納めました。

まさに人間と同じく失敗から学んだのです!

私はこの時、映画「ターミネーター」を思い出し怖くなりました(; ̄O ̄)

軍事用人工知能 スカイネット。

劇中、このAIが反乱を起こし、人類は審判の日を迎えるわけです(´Д` )

でもあれはSF映画ですからね…。

実際に人と対話できるAIができればもっと楽しい事、便利な事はいっぱいあるでしょうね ( ´ ▽ ` )ノ

もし近い将来実現したなら、しゃべって自走するスーパーカー「ナイト2000」に乗りたいです♪( ´▽`)

ナイトライダーって古いですかねぇ?ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

20110829-024047.jpg
ワトソンの裏には100台分のパソコンが…

「うち3」フィナーレヽ(;▽;)ノ

「うちの3姉妹」というマンガをご存知でしょうか?

もとは子育ての成長記録用ブログから書籍化、アニメ化までになった大ヒット作品です。

作者は、松本ぷりっつ先生。



20110814-071902.jpg

絵は見た事ありますよね( ̄▽ ̄)?

内容は題名どおり、おとぼけ三姉妹がおりなす、のほほんとした笑える日常を絵描いたもの。

私も好きだったこのお話が何と最新16巻で最終回を迎えました。(ショック(´Д` ))

ブログマンガのまさにパイオニアであるこの作品は、文章の間にコマが入るというかわったスタイルで進行していきます。

やっぱりマンガは見せ方とアイデアだなぁとつくづく感心させられました ( ̄^ ̄)

ちなみに私は昔から子供が大の苦手(-。-;

子供の方から近よってこようものなら、目からあっち行け光線を放出するほどでした。(ヒドイ(´Д` ))

でもこの「うち3」を読んでからは、ちょっとずつ子供が好きになり、今では子供がいてもいいかな〜なんて思います( ̄ー ̄)

私と同じく子供が苦手な方も、もともと子供が大好きな方にも楽しめるオススメの作品です。

ハッ!!

もしかしたらこんな感じのマンガが増える事で、少子化問題が解決するかもですねっ ( ´ ▽ ` )ノ

ハンティングσ(^_^)

どうも~!最近アウトドア派(自称)のとろろでやんす ( ̄^ ̄)ゞキリッ

今回はアウトドアラーの中でも最高ランクに位置付けされるあの「狩り」に出かけてきました。

いやぁ、油断してたとはいえ、まさかあんなに大量の数で、しかも頭上スレスレに現れるとは思いませんでした。

今回のターゲットそれは「梨」。

9月の四コマの題材にと取材を兼ねてちょいと狩ってきました (´∀`=)

果物狩りは小学生の頃のイモほり遠足以来で、またしても初の経験となりました。(イモは果物じゃないかっ(´Д` )!)

ネットで色々調べた結果、朝倉市の「秀幸梨園」というところが良さそうという事でさっそく行って参りました。

福岡市内から車で1時間半くらい。結構な山の中にありました。

農園に着くと、私の親世代くらいのご夫婦が笑顔で迎えてくれました。

まずは今年の梨のできをと一切れくれました。

シャリ、シャリ…うまーΣ(・□・;)

梨の身はしまっていて、その中に濃厚な甘さと、十分な水々しさを保ち、さらに…そのまあ、スゴく美味しく最高のでき( ̄▽ ̄)

さっそくご主人と共に、いざ梨ハントへ。

そこは頭上一面、梨でいっぱいでした。

教えられたとおり大きな身をつかみ少し上に持ち上げると、驚くほど簡単にもぐことができました。

梨の親玉を4コお持ち帰り用に。

ご主人いわく、「農薬は極力使わず、一個一個丹精込めて育ててます。鳥や蛾や天候、様々な自然と日々戦いなんです。でも偉大な自然には勝てませんけどね。」と笑って話されてました。

このご夫婦、聞けば私と同じ年くらいの息子さんが福岡にいらっしゃるそうで、帰りの際は何かもの寂しそうな顔をされていました。

私は「また来ます」と別れを告げ車を出しました。

思えば私の親は近くに住んではいるのですが、会ってゆっくり話す事がほとんど無くなりました。

これを機に、家族の顔を見に久々実家を訪ねてみようと思います。

もちろんこの梨を持って( ´ ▽ ` )ノ



20110802-023004.jpg

こんなしてぶらさがってましたヽ(´o`