藤子・F・不二雄ミュージアム σ((=゜エ゜=)) ぼく、ドラえもん

先日、念願の『藤子・F・不二雄ミュージアム』に行ってきましたo(^▽^)o


20130127-052137.jpg
(シャトルバスあり!)

場所は大先生が長年住んでらした川崎市。


説明はもう必要無いですよね?


ドラえもんの生みの親といえば世界でも通じちゃいます(^-^)



私は幼少の頃よりドラえもんが大好きで、

祖母に四次元ポケットを縫ってもらい、

紙で作った秘密道具を入れて喜んでました( ̄▽ ̄)


どこでもドアなんかは大きいので、

頑張って新聞紙で作ったのを覚えていますw



ミュージアムの中には、カフェやミニシアター、モニュメント広場、

コミックスが読める休憩所、お土産ショップなど

テーマごとに楽しめる施設がてんこもりっ( ´ ▽ ` )ノ

20130127-052209.jpg
(小池さんのラーメン しょう油ベースw)

20130127-052237.jpg
(暗記パン 文字がリアル!)

20130127-055634.jpg
(ファンをくすぐるモニュメント(^。^))

20130127-055704.jpg
(魔界大冒険での…)

20130127-052347.jpg
(トイレはこちら☆)


中でもシビレたのは先生の書斎と生原稿でした。


再現された書斎には、年期の入った長机と、

ものすごい量の本、資料、それから地球儀や恐竜の化石などもあり

ここだけみても広くて深い知識人だったのがうかがえました( ̄^ ̄)ゞ



特に恐竜は大好きだったそうで、

大長編ドラえもんの記念すべき第一作目

『のび太の恐竜』にもそういった思い入れがあったんだそうです。



生原稿も存在感が半端なく、ペンの走りや修正の仕方、切りはりなど

制作の足跡をみて色々と当時の様子を想像しながら楽しめました。




いつの間にか無くしてしまってたあのドキドキや、ワクワクを

少しだけ思い出させてもらいました

ヽ(;▽;)ノ



先生の作品にはSF(すこしふしぎ)というテーマがあります。


本当に未来や宇宙に行ける気にさせてもらいました( ´▽`)




先生が生前に残された金言です。



描くぼくが楽しみ、

読んでくれる人も楽しむ、

そんな漫画がずっと

ぼくの理想なんだ。


藤子・F・不二雄




こころ洗われました (´Д`。)






〜おまけ〜

親子の会話

子供 「あれっ?ドラえもんって昔は耳があったんだね!なんで今は無いの??」


父 「それはね、お坊さんが耳だけお経を書き忘れたからだよ…」

2013 巳年 [賽銭箱] ◎⌒ヾ( ̄0 ̄ ) 人(_ _ )

20130117-060339.jpg



年明けにがちょーくんのイラストを描いたので

ライターくんも描いてみました( ´ ▽ ` )ノ


前回鶴だったので今回は亀(^。^)



ちなみに四コマ「がちょーライター」
今月お休みです。


新聞社の都合で毎年1月は四コマはないんですf^_^;)



打ち切りになったわけじゃありませんからね〜w

これからもどうぞ末長くお願い致しますヽ(´ゝω・`*)o

ツタンカーメン展!(◎_◎;)

20130112-231659.jpg
先日「ツタンカーメン展」に行ってきました(。`・ω・)-3

場所は上野の森美術館。

20130112-231811.jpg
(途中、ジャイアントパンダ発見)



お昼すぎに知人と合流し、会場に到着。


そこには予想どおりの長い人の列と、「最後尾こちら。40分待ち」の立て札が…!(◎_◎;)


さすが世界のツタンカーメン様。

3300年の時を超えこの人気ぶりw

まあこれでも落ち着いた方なんでしょうけどね f^_^;)



会場に入るとツタンカーメンの像がお出迎えするかのように立っていました。


今回の展示品数はツタンカーメン王墓から見つかった副葬品約50点を含む全122点。


装飾品、棺、シャブティ(埋葬時に一緒に埋められた木や陶器で作られた人形)の繊細さと美しさ

そして写実的な石像や彫刻等…どれも圧巻でした。


ちなみにこのころの日本は縄文時代…


ツタンカーメンが生きた時代がどれだけ繁栄してたかあらためてわかりますよね!!


今回のメインはチケットにも写っている

「黄金のカノポス」(ツタンカーメンの内蔵が保管されていた器)

30センチくらいの大きさでしたが、これも作りの細やかさや

技術はすごいものがあり、十分な存在感を示していました!(◎_◎;)

20130113-000356.jpg
(はい、もう一度(^。^) )

ちなみに「黄金のマスク」はありませんでした。

そりゃ持ち出せないですよね〜 (^_^;)



ですが3300年前のものが目の前にこうしてある

これだけでもう奇跡ですよ!

うんヽ( `・ω・)ノ



悲運のファラオ(王)ツタンカーメンとよく言われますが、

最新の科学によって色々と解き明かされてきています。


CTスキャンにより、

生まれつき左足に障害を持っていて杖をついていた事。

死因は馬戦車からの転落死。(有力説)

急な死だったのでツタンカーメンの墓は他のファラオと比べ小さい。

王座を巡っての陰謀説。

歴代ファラオのレリーフの中から名前が消されてる…など。


そして面白いのが、ミイラの骨格から復元顔も作られています。20130112-231631.jpg
(中学の野球部にいそうww)


最近ではツタンカーメンは人のいい、
皆から愛されていた人物だったのではという説も有力なんだそうです。


いや〜歴史のロマン感じますね〜( ´ ▽ ` )ノ

(」゜ロ゜)」<<<了ヶマ=ノ〒 才×〒"┝ ゥ!

20130112-040738.jpg

明けましておめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ

今年もどうぞよろしくお願い致します!!




飛躍できる年になりますよう、

羽ばたくがちょーくんを描いてみました( ´ ▽ ` )ノ


上京して半年…あっというまでした。


新しく知り合った仲間達

そして、地元福岡の皆様も

飛躍できるよい年になりますように!!



元日 綾部とろろ